smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
monstar.fm
She'z_K | monstar.fm
花壱ちゃんネルPodCast
profile
recommend
スティーブ・ジョブズ 人を動かす神ーなぜ、人は彼に心を奪われるのか? (リュウ・ブックス アステ新書)
スティーブ・ジョブズ 人を動かす神ーなぜ、人は彼に心を奪われるのか? (リュウ・ブックス アステ新書) (JUGEMレビュー »)
竹内一正
良くも悪くも、飛び抜けているからこそ頂点を極められる。妥協の無い姿勢には尊敬を通り越して、畏怖さえ覚える。そこがスティーブ・ジョブズのスゴイ処だ。ただ、個人的にはあまり友達になりたくないかも。
recommend
recommend
recommend
recommend
count
ブログパーツUL5
sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

いつの間にかダウンロード販売が・・・

 昨年10月に、iTunes Stoer及び海外配信サイトにShe'z_K
「Black-eyed JAZZ Ver0.1」の楽曲が登録された。
ひとまずの到達目標点でもあったので、気を抜いてしまったと言えばそれまでだが、
登録サイトのmonstar.fmの契約者用確認サイトをチェックすることを、暫く怠っていた。
年が明けて、心機一転今年の活動再開ということで久々にチェックしてみたら、なんと
海外配信でのダウンロード売上げが立っているではないか。

そうは言っても、明細には ¥19 だけだけど。
いや、19円と言えども海外の誰かが、何の情報もないであろう曲をダウンロード購入してくれたことに感謝である。

とは言ってみたが、このダウンロードの内訳が良く分らない。
どうやら、Napsterで2回、定額制(サブスクリプション)ということで¥1.11×2=¥2.22
これは、Napsterに定額制で登録することで何曲かダウンロード出来る中に入っているということなんだろう。だから一曲が安い。
それとeMusicから1回の単曲ダウンロードで¥17.59 
いずれも楽曲は「Full moon」
この17.59円というのも、何をどうやって計算したらこうなるのか不明。
というより調べていないので分らない。

monstar.fmとの契約では楽曲単価のおおよそ60%が取り分ということになっている。
単曲では150円を設定しているので、約90円が一曲あたりの売上げ。
もちろん、monstar.fmのサイトからダウンロード購入してもらった場合の話。
ちなみに、iTunes Stoer も150円の表記だったので、たぶん割合は
同じぐらいなんだろう。

問題は海外サイトの場合だが、それぞれが登録者獲得の為か登録時に50曲フリーとか25曲までフリーダウンロードとか、サービスパックのような形でダウンロードサービスを行っている。そういう中に含まれた場合は手数料支払い等はどうなってるのか?
しかし、海外配信サービスの申し込みでは国内・海外配信400サイトに一斉に配信
出来るとうたっているわけで、それの一つ一つがどうなってるのかを追いかけるのは
到底ムリなこと。
それと、もう一つ。
海外の場合は通貨レートの変動があるということ。
この円高で、海外サイトの単価ははたしていくらになっているのだろうか。

もし、eMusic の単曲ダウンロードが、なんだかんだ手数料等の振り分けがあって
50%ぐらいが売上げとなったとしても、すると販売額は36円ってこと?
日本での売価150円からすると約4分の1の値段ということか。
いったい、何処の国で買われたものか。

いや、こうしてネットがグローバルとなったからには、別に日本だからって日本で
買わなくても良くなる。ダウンロード販売であるから、送料とかの問題もない。
音楽は言葉が分らなくても成立するから、文字の壁もあまり関係ない。
つまり、海外の自国を基盤としたサイトで日本の楽曲が手に入るならば、そこから
買った方が安く買えてしまうわけだ。これはこれで、円高の逆影響が・・・。

たかだか19円の売上げから何を言ってるんだと思われそうだが、
これが始めの一歩ということで、気を引き締めましょう。

at 18:05, chibaP, 花壱日誌

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2009年度始動

年初の活動は、1月8日に行ったネットライブ「花壱ちゃんネル」だ。
昨年1月から始まったことで、ちょうど1年が経過したことになる。
当初の番組内容である音楽トークという部分は、諸事情によって
改変せざるを得なかったが、トーク自体はやや手馴れてきた感もある。

ネットを中心とした活動ということを踏まえて、ナビゲーターである自分と
She'z_K中心メンバーである榎本英彦とが、気になるネットでの話題に
ついて語り合うというものが、ほぼトークの主体となってきた。
始めはランダムな選出で、はたして統一性はあるのかという危惧も
あったが、どうやらほぼ共通しているところはメディア論ではないか
という気がしている。

ひとまず1995年をネットの創世記と位置づけると、約15年になろうと
している中で、メディアの有り様が変化してきた実体をリアルタイムで
体感してきたように感じている。
少なくとも自身、出版に係わり、TVメディアに係わり、音楽に係わり、という
流れの中で、それらのメディアが今後どうなっていくのかは、非常に
興味深いところである。

情報コンテンツを扱うものは、メディア産業の今後の有り方というものに
大きく影響を受けるだろうし、産業構造の変革を強いられることにもなりそう。
ネットの拡充によって、新しい価値観が生まれたことで、今までのビジネスモデル
が成り立たなくなってきている、まさにドラスティックに変化している真っ只中に
いるのではないだろうか。
そしてその変化は何処に集結していくのか。

TVの視聴率が落ちていて、クライアントが広告を出さなくなった、という話が
最近の話題になっている。
TVはタダで見るものだった。ところが、もうタダでも見なくなっているという現状。
一事は、無料であることが価値あることのように、こぞって無料サービスを
打ち出していた企業が、今になって立ち行かなくなってきている。
やはり、無というところに価値は成り立たないのでは、と思う。
何かしら人の手が介在するもの(コンテンツを含む)には無料とすべきでは
ないのではないか。

今日に到る経済不況の原因には、自らの価値基準を貶めていった社会構造が
あったのではないかと思うのである。

そんなスタンスに立っての、メディア論を自分では目指したい。
さて、とは言え、そんな硬い話ばかりで番組の人気が上がるのかどうかが問題。
ラジオ的番組であるところは変わらないが、せっかく映像配信という手法を
使っているのに、そこを活用しない手はない。
そんなわけで、一つの企画が上がっているのだが、それは今後のお楽しみという
ことで。

at 16:30, chibaP, 花壱日誌

comments(0), trackbacks(0), pookmark

年末ということで、

だいぶご無沙汰という状態になってしまったが、実際に活動的な事象も
無かったというのも本当のところ。

個人的にも先月あたりから忙しいという状況でもあったけれども。

先週の木曜日にはネットライブ配信である「花壱ちゃんネル」の今年度最後の
番組配信を行った。
今年を振り返ってみての総括をいう趣旨での内容であったが、ちゃんと一年を
時系列で振り返ってみると、思った以上に展開はあったように思える。

そもそも、こうして足あとを記述し始めたのも、HPやBlogと連動しての事だったから
実際にはまだ一年経っていないのだ。
当初の目的として掲げた、ネットでの楽曲配信については、5月に達成。
夏にはイベント参加というオプションもあったり、月単位で考えると、それなりに
前進していたことが改めて見て取れた。
ネットでの有料配信という目標の到達点としては、itunes Stoerへの登録という
ものであったのだが、それも実現したのは10月の始めだった。

その目標達成からも、まだ2ヶ月しか経過していなかったんだ、というのが、
ちょっとした驚きでもあった。

なんだか、ものすごーく、日にちが経っているような気がしていたんだけど。

そんな中で、一年を通じて定期的にやってこれたのが「花壱ちゃんネル」である。
なんだかんだと、トラブルに見舞われたり、法的改定などもあったりしたが、
実に丸一年を迎える処まで継続できた。

当初は、素人が一時間もしゃべれるものか、とかなり疑問と不安ではあったが、
なんとも慣れとは恐ろしい。最近では1時間半が割りと簡単に過ぎてしまう。
まあ、その辺のくだりは、本編でも収録されているので、興味のある方は
そちらも聞いていただきたい。
そのためのポッドキャスト製作でもあったのだが。

本来なら、リアルな場での音楽活動というものを主体として広報しなければ
ならない部分もあるのだろうが、このネット社会における可能性というのも
まだ未知数ではあると思う。
幸いにして、「花壱ちゃんネル」の企画としてネットでの話題をネタとするフリートーク
をやっているおかげで、その方面のニュースには常に触れていられる。
この一年のあいだにも、ネット内でのコンテンツの扱いというものが、法的な
制約も含めて、さまざまに変化してきているのが解る。
実はまだまだ、過渡期なのだろう。
ネットの仕様、コンテンツの扱い、収益の有無、事業モデルの確立、浸透と多様化。
あらゆる場面でコンフュージョンが起こっていて、何が確定的なものになるかは
まだ解らない。

通信という対面を介さないコミュニケーション手段が発達したことで、
手紙がメールになり、BLOGやSNSという新たな生活環境が生まれる事により、
今までとは、違った社会構造というのもが作り上げられていくのではないだろうか。
そんな渦中に居るような気がしてくる。

たぶん、江戸時代なら、100年単位、近代では50年単位で変わっていくもので
あったろう社会構造がここ10年のうちに変わっていってるのではないかという
気がしてならない。

その意味では、音楽業界にしてもまだまだ変革が有り得るだろう。
その辺りを、これからも検証していきたいところだ。

at 03:40, chibaP, 花壱日誌

comments(0), trackbacks(0), pookmark

しばし足踏み

 さて、ほぼ一ヶ月ぶりの書き込みとなる。
実際、この間目立った活動が無かったので、特筆すべきこともないと言える
のではあるが、個人的に忙しかったこともある。

まず、一つの目標であったiTunes Stoerからのダウンロード配信が確定した
ことで、一息ついた感があるのと、新曲作成期間に突入という二つの側面が
あることが、ほぼ停滞の理由だろう。

本来ならここから更にプロモーションを行う必要があるのだが、ちょっと充電期間かも。
と、そんなふうに自分自身を納得させてみる。

活動自体は停滞ではあるが、ネットライブ放送は定期的に継続しているので、
とりあえずはこれが唯一のプロモーションだ。
当初の番組編成では、メンバーそれぞれのレコメンド曲を中心にトークするという
ものだったけれど、諸事情により番組改編を行い、よりトーク中心というものに
なっている。
音楽の話だけではなく、巷で話題のニュースをネタに、それぞれの意見や感想を
ユルユルとトークするというものだが、当初の予想以上に、毎日がネタの宝庫。
改めて、日々の情報量の多さというものを実感している。
これでは、ヒットサイクルが短くなるのもうなづける。

隔週での放送だから、その間のニュースでネタ集めをするわけだが、始めの一週間
は、もう話題として古くなってしまう。世の中、たった一週間でなぜこんなにも衝撃的
な事件が起こるのだろう。
普段は何の気なしにTVなどを見ているが、時間と平行して情報を集めていくと
常に何かが起こっているように見えてくる。
次から次へと新しい出来事が起こるわけで、これでは蓄積するより捨てることを主に
していかないと、新しいものに対応できないのではないだろうか。
もしかして、全てに於いてそういう状況であることが、大ヒットが生まれなくなった要因
であるかもしれない、と考えたりするのである。

ともかく、こういうニュースのネタを集めて話をしているわけだが、当たり前の事を
当たり前に言っても面白くないんだろうから、そこはやはりちょっと違った視点
みたいな切り口を押えておかないといけない。
ちょっとはそういうつもりがあるのだが、それには自身も勉強する必要があることを
痛感するわけなのだ。

さて、今月はもろもろあって、忙しい上に毎週放送という事態になってしまったので
思考が付いていけてるかどうかが心配。

at 15:17, chibaP, 花壱日誌

comments(0), trackbacks(0), pookmark

iTunes Store 他 配信開始

やっと、当初の目標であったiTunes Store での音楽配信が開始された。

これでShe'z_Kもワールドワイドになったわけである。

monstar fm に海外配信サイト登録を申し込んだのが、8月末だったので、
約6週間での公開確定ということになる。

ただその間、monstar fm の方からは特に何の連絡も無いところをみると、
登録時期は先方まかせということなのかもしれない。

一応、ちまちまとiTunesで検索したりしてたんだけど、たまたま昨日、全くの
偶然でgoogle検索の表示から海外ダウンロードサイトを発見。
emusicという海外配信サイトにShe'z_Kのジャケットが・・・・

もしやと思い、iTunesで検索したら、とうとう出ました。

こちら
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?id=292134644&s=143462

となると、monstar fm の海外配信登録では、海外400サイトと謳って
いるので早速他の有名どころもチェック。

ナップスターのURL
http://www.napster.jp/music/album/12956395


ならばAMAZONも、と探してみたら見つからない。
よーく考えたら、アマゾンジャパンではMP3ダウンロード販売に対応してない。
そこで米AMAZONに行ってみたら、ありましたねぇ。

AMAZON.com
http://www.amazon.com/s/ref=nb_ss_dmusic?url=search-alias%3Ddigital-music&field-keywords=She%27z_K&x=15&y=19

ドルだて表記です。iTunes Store なら一曲¥150と出るけれど$0.99と
いうのはちょっと安くなっちゃってる?
今は特に円高になってるから、ドルで買ったほうが安いではないですか。
できるだけ、円で買っていただきたい。


ともかく、これでほぼダウンロード配信サイトについてはクリアしたが、
実際の販売活動に到っては、これからが正念場でもある。
告知という意味でネットライブも行っているが、まずはどれだけの人に
She'z_Kを知ってもらえるかに掛かっている。

at 16:33, chibaP, 花壱日誌

comments(0), trackbacks(0), pookmark

亀の歩みのごとく

スティッカムでのネットライブをポッドキャストで配信した事により、
番組構成も固まってきた。
完全にネットラジオの状態になったとも言えそう。

まずは告知としての情報発信を強化すべく、スティッカムサイトでの
放送時間帯で、宣伝告知用の編集ファイルを流す。
範囲としては、スティッカムサイト内だけの告知となるが、それでも
その時間帯にライブとして放送されることから、閲覧してくれる人も
いるようだ。

そういう地道な広報活動によって、一人でも二人でも、She'z_Kという
名前を知ってもらえることになる。

前回ポッドキャストを紹介してもらったというブログの事を書いたが、
そのサイトはどうやらその筋(どの筋?)では、なかなか有名なブログサイト
らしい。
そうやって、有名サイトに紹介されていくような形が、これからの活動としては
望ましい。

さて、25日(昨夜)であるが、第16回目となる「花壱ちゃんネル」を放送した。
単純に8ヶ月が経過したわけだが、She'z_Kの音楽は、はたしてどれぐらいの
人に認知されたことだろう。
こうして、ネット環境がほぼ行き渡ったであろう時代となると、自らの表現を
公開する事自体は、まったく容易な事になってしまった。

言ってみれば、全世界が目に触れ可能性のある場所に、ラクガキをするか、
芸術を描くか、それが全く同列に位置するようなものだ。

今度はそんなモザイク模様の情報の中から、見つけ出してもらうことがいかに
困難であるか。いやはや、簡単にはいかない。

リアル世界でのライブ演奏が困難である、という理由(それだけじゃないけど)
からネットを中心としてプロモートを進めているわけだが、リアル社会と同じ様に、
ネット内でもライブ出演回数をこなすことは必要だろう。

なんのことはない、ネットだから特別何かしなければならないという事ではないのだ。

ならば、ネット内でもライブ出演を増やす事とは、一体何か。
それは、She'z_Kというものの登録先を増やすことだ。

リアル社会でも、一ヶ所のライブハウスだけで演奏しているわけではない。
他のライブハウスを回ったり、ストリートでライブをしたりと、活動範囲を
広げることで知名度を上げていくというのは常套手段である。

もちろん、ネットでもそのつもりで、HP+ブログ1+ブログ2というようなことを
してきたが、今回のポッドキャストで、やはり新しい場所を開拓することによって、
新しい人に発見されるという実情を改めて実感した。

やはり、一箇所で声を上げているだけではダメなのだ。
選挙活動と同様に、全国行脚をするぐらいの気概をもって望まねばならない。
内閣も変わったことだし(それは関係ないか)

ダウンロード販売にしても、まず”wacca”Listen.japan”monsutar.fm”と
登録してきたが、この先にiTunes”Amazon”なども加わっていく予定だ。

それと、次に目を付けているのが、”MySpace”を思案中。

さらに、HPもリニューアル、新曲の製作を進めて、2ndアルバムを来春までに
リリース予定、となっている。

なかなか進まないようでいて、実はやる事がいっぱいあるのだった。

新作成ブログパーツ、実験。

PodCボタン(PodChannelと連携するボタン)

PodChnnelのアプリケーションをダウンロードして、お使いのMP3プレイヤーに
ポッドキャストを登録するボタンです。
(PodChannelをダウンロードすると、今使っているMP3プレイヤーに簡単にポッド
キャストを登録できるようになります。)

iTunesボタン(iTunesと連携するボタン)

クリックするだけで、お手持ちのiTunesに、「花壱ちゃんネル」の
ポッドキャストが登録されます。

RSSボタン

お使いのRSSリーダーにポッドキャストが登録されます。

at 12:54, chibaP, 花壱日誌

comments(0), trackbacks(1), pookmark

紹介文の発見

現在稼動しているShe’z_K関連のブログなどから、公式HPへのリンクを
アクセス解析していたら、ポッドキャストからのリンクがあった。

ポッドキャストの配信は、今回の11日放送分で2回目だ。
公式HPへのアクセスは、ほぼ、ブログからのリンクをたどってが主で、
その他は検索サイトよりのアクセスだ。
ポッドキャストからのアクセスは初めてだと思い、リンクをたどったら、
意外なところからのリンク。

個人サイトのようだが、ポッドキャストに関しての情報を公開している。

ポッドキャストジャーナルというページからのリンクだった。
その9月14日に記事より。

ポッドキャストジャーナル
http://podcast-j.net/archives/2008/09/14/

新着としても、数ある中から「花壱ちゃんネル」を紹介していただいて、
ありがたいことだ。

少なくとも、第3者の評価として目に付いたことに関しては、
半年の成果として捉えても良いのかもしれない。

継続すること。
何事においても、これがひとつの結果をもたらす。

信じて続けていく事で、見てくれる人も増えていくのだろう。

at 22:05, chibaP, 花壱日誌

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ネットライブ15夜目9/11日

諸事情により、番組内容を三部構成に変更しての第二回目。

今まではレコメンド曲の紹介とそれに絡んでの音楽体験であるとか
曲の背景とかをトークしてきたけれど、やはりShe'z_Kの曲をもっと
聞いてもらう事が必要だという事になり、BGMをShe'z_k主体とした。

その分、トーク時間が増えたわけだが、話のネタをどうするか。
やはり音楽に関する事、また、ネットを介しての活動であるから、
それも含めたIT全般の事、自身の興味を持った事などでネタ集めと
することにした。

この一週間で、気になった記事などを集めてお互いそれについての
見解などを話してみようということになったのだが、やってみるまで
どのくらい話せるものなのか分らない。

ところが、回を重ねて15回ともなると、これが案外としゃべれるように
なっているのに驚き。慣れるもんだねぇ。

ネットライブの特徴としては、本来映像がリアルタイムで流れることに
あるんだろうけれど、なんたって野郎共がしゃべってるだけの映像を
見ても面白くなかろうから、ラジオを聴いている雰囲気でいきましょうと
顔出しNGでやってる。(恥ずかしいだけか?)

その意味ではポッドキャストの方が適切なんだろうけど、結果的に
それも対応することにしたので、聞いていただけるリスナーの選択に
おまかせする。

こうして、ゆるゆるとしゃべっているのを聞いてもらうというのはラジオの
深夜放送ノリだと考えていたけれど、これをネットでやっているということは、
「聞くブログ」とも言えるんじゃないだろうか?

それがポッドキャストじゃん、と言われればそうなんだけど、始めのイメージ
としては、なんか意味のあることをポッドキャストで発信する、というふうに
捉えていた。よくあるハウツーだとか、講演のお話みたいなものがそう。
日常のことなんかを、だらだらと綴るブログだと思えば、このゆるゆるな
トークも、言ってみればブログ的な内容かもしれない。

こういう放送を聴いていて、面白いのだろうかと自問自答してみるのだが、
ブログと思えば解らなくもないな、とちょっと納得してしまった。
納得していいのかどうか解らないけど。

つまり、ブログに書くネタを探しているのと同様に、話にするネタを探す
手間が増えたってことだった。

at 14:20, chibaP, 花壱日誌

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ネットライブからポッドキャストへ

恒例のネットライブ「花壱ちゃんネル」を28日に行った。
次回から隔週で放送する予定となったが、まずは構成を変更しての放送2回目。
ここ何回か、ライブ中に音声が途切れるとか、異常なノイズが発生するとかで、
まともに終わったためしがない。
非常に不安定なのは、いったい何が原因なんだろうか?

だいぶネット環境が整ってきたとは言え、まだこういう不安定さが残っているうちは
万人が使えるシステムとは言いがたい。
コンテンツ産業としては、ケータイの方が進んでいくように思う。
PC環境のバラツキが解消されるまでは、まだそういう問題に悩まされることだろう。

ところで、ネットライブとは言いながら、かなりラジオ的な放送でもあるので、
音声だけを取り出したポッドキャストとしても通用する。
そもそも、音楽を聴いてもらってなんぼ、というのが基本姿勢なので、
そこまで映像にこだわらなければならないという訳ではない。
もともとそれを考慮していた部分もあったのだが、番組の編成を変えた機会に
ポッドキャストに乗り出そうということになった。

ラジオ世代であろうR40以上の人には、ラジオはリアルタイムで聞くというイメージ
があると思うが、今は自分の好きな時間に聞くというラジオスタイルになっている
のだろう。ipodや携帯ゲーム機の普及は、メディアを持ち歩くというライフスタイル
を定着させていったのではないだろうか。
それが証拠に、各ラジオ局はほとんどがポッドキャストで番組を提供している。
ipodが普及のキッカケを作ったことで、ポッドキャストと呼ばれることがスタンダード
になってしまったが、確かにiTunesを使うことで、その聴取は簡単に出来るように
なっている。この手軽さは一番の魅力だ。

システムや、それを操作するためのインターフェイスは直感的に分るもので
なければ良い製品とは言いがたい。その点ではApple製品に共通する姿勢を
高く評価したい。

さて、そのポッドキャストもブログから簡単に登録できる。
今回のライブ放送より、順次コンテンツを増やしていく予定だ。

その音源はこちら。
花壱ちゃんネルのポッドキャスト配信開始!!!

at 04:37, chibaP, 花壱日誌

comments(0), trackbacks(0), pookmark

新、配信サイト登録

この一週間、新規配信サイトへの登録手続きを行っていた。
新しいサイトは、

She'z_K | monstar.fm
このバナーをクリックすると、She'z_Kのページにジャンプ。

この”monstar.fm”は海外の配信サイトへの登録もやってくれるディストリビューターとしても手続きをしてくれる。もちろん”iTuens Store”からの購入も出来る。
その他にも”napster”や”Amazon"など国内外で400あまりの配信サイトで
一斉配信ができるというものだ。

配信楽曲の仕様はMP3なので、ミュージックプレイヤーによる機種依存に悩まされる
ことはない。音質も最大320kbpsまで対応なので、現状の配信データのうちでは
最高音質の部類だ。
しかもDRMがフリーなので、一度ダウンロードした楽曲データは、自由に取り回し
ができる。
これにより、IEじゃないとダウンロードが出来ないとか、iPodだからダメだとか、
そういう煩わしい問題が軽減されたはず。

更に、面白いことにダウンロード価格をリスナーが決められるというもの。
標準価格はあるけれど、それ以上をチップとして支払うことが出来る。
いわば、応援するから金を出す、ということだ。
チップとして支払われた分は、活動支援金としてアーティストに支払われる。
ストリートで活動しているアーティストにチップを与えるのと同じ感覚で
捉えてもらえればいい。

確かに、インディーズで活動するアーティストにとっては、その活動資金を
捻出することも容易なことではない。CDを作るのだって、最低でも何十万という
お金が必要となるのだ。まして売れなければ丸損。
CDをプレスしなくとも、こうして楽曲を発表出来る場所としてのネット環境は
まさしくストリートと一緒なのかもしれない。

さて、まずは公開することを優先で作業してきたので、実はこのサイトの
全貌をまだ掴みきれていない。海外配信も一応手続きをしたところなので、
たぶん申請までに時間が掛かるのかもしれない。

ということなので、iTunes Store については、また後ほどの報告を
待っていただきたい。

at 00:45, chibaP, 花壱日誌

comments(0), trackbacks(0), pookmark